旭山動物園の施設

あざらし館
2004年6月にオープンした「あざらし館」。 屋外は北海道内の漁港をイメージするために、小さな漁船やテトラポットが置いてあります。 また、アザラシの野生環境を再現するために、ウミネコやオオセグロカモメ、オジロワシも一緒に飼育しています。 館内に入
ほっきょくぐま館
2002年9月にオープンしたのが「ほっきょくぐま館」。 旭山動物園の目玉スポットともいえる、ほっきょくぐま館です。 ほっきょくぐま館は、もうじゅう館に並んで大きな建物です。 度肝を抜く迫力満点の水中ダイビングや、あざらしの気持ちになるのぞきカプセルな
ぺんぎん館
2000年9月にオープンしたのが「ぺんぎん館」です。 ぺんぎん館ではキングペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、イワトビペンギンの4種類のペンギンを飼育しています。 360度見渡せる水中トンネルからは、ペンギンの飛んでいるように
オオカミの森
2008年6月に完成したのが「オオカミの森」です。 放飼場には、木、岩山、小川があり、また檻で区切ってエゾシカも飼育し、100年前の北海道の自然を再現したかのような施設になっておりエゾシカもこの森に同居しています。 そのなかでオオカミは、円形になっ