ぺんぎん館


2000年9月にオープンしたのが「ぺんぎん館」です。

ぺんぎん館ではキングペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン、イワトビペンギンの4種類のペンギンを飼育しています。


360度見渡せる水中トンネルからは、ペンギンの飛んでいるように泳ぐ姿を観察することができます。これはペンギンが自由に泳ぐ姿を、水中側から観察することを可能にした珍しい施設です。

ペンギンは、陸上ではヨチヨチと歩きとてもかわいいのですが、水の中ではびっくりするほど大変なスピードで泳いでしまいます。

水中トンネルをぬけ2階にあがると、屋内放飼場があります。この屋内放飼場は、冷暖房を完備しており、夏は約15度、冬は約5度に設定し、外と中を自由に行き来できるようになっています。

冬の寒さに耐えられないペンギンは、暖房の効いた屋内にいることが多いですね。



また、もぐもぐタイムでは、飼育係が実際に水中に潜りエサを与える水中給餌(1日1回)で、ペンギンのエサを食べる姿も見られます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。