オオカミの森

2008年6月に完成したのが「オオカミの森」です。

放飼場には、木、岩山、小川があり、また檻で区切ってエゾシカも飼育し、100年前の北海道の自然を再現したかのような施設になっておりエゾシカもこの森に同居しています。

そのなかでオオカミは、円形になっている放飼場を走り回ったり、小川で水浴びしたり、岩山の頂上で遠吠えをしたりと様々な行動を見せてくれます。旭山動物園で展示しているのは、シンリンオオカミの3頭。
黒いオオカミ2頭は、カナダからやってきたオスとメスの兄弟オオカミです。

「オオカミの森」の入り口です。
入り口には、元飼育展示係で現在は絵本作家であるあべ弘士さんが描いたたくさんのオオカミたちがみなさんをお迎えします。

「オオカミの森」に入ると、観察ホールがあり、360°見渡してどこにオオカミがいるかを探したり、「ヘアーズアイ」というドーム型の観察場所では、オオカミを間近で観察できたり、外に出ると、オリが全くない部分から観察できる場所があったりと、いろいろな角度からオオカミを探して観察できるようになっています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。