旭山動物園の歴史

ちょっと前まで日本では大都市部にだけ動物園がありました。
それが徐々に経済が発展していき、地方にも動物園ができるようになったのです。
そして、この旭山動物園も国内では一番寒い地域の北海道に1967年にできました。

開園が1967年ということはもう既に40年以上が経っています。
1960年代の日本の高度経済成長の真っ只中、旭川市内には路面電車が走り旭山動物園へのアクセスもしやすかったのでしょうね。
しかしその路面電車はもう走っていません。

旭川市の発展と共に旭山動物園も年々入園者数も増えていきました。
あの当時の動物園は今のような特色のあるもんではありませんでしたがね。
しかし、1980年代になると様々なレジャーや娯楽が楽しめるような時代になると徐々に動物園への入園者数も減りだしたのです。
これは、旭山動物園に限ったことではありません。
他の地方の動物園も同様に下火になってきたのです。

そんな中、1997年旭山動物園は珍しい試みを行います。
なんと『行動展示』なる展示方法です。
日本でも例のないこの行動展示なる展示形態が多くの人に受け入れられ旭山動物園の入園者数は一気に増えだしたのです。
その第一弾が『ととりの村』でした。

そして、2000年代になると、『ペンギン館』『北極熊館』『あだらし館』とどんどん誕生してきました。
この当たりは北海道らしい動物たちですよね。
こういった珍しい展示形態がTVなどで紹介されますます旭山動物園は日本でも有数の動物園としての立場に今はあります。