旭山動物園の行動展示

今では旭山動物園は国内でも有数の人気動物園となりました。
他の動物園とはちょっと違った特徴が差別化になっていることは間違いありません。
そのちょっと違った特徴とはなにかといいますと、動物たちの展示の仕方なのです。
旭山動物園では展示を『行動展示』という展示方法をとっています。
この行動展示とは反対に『形態展示』というものがありますが、通常の動物園ではこの『形態展示』をしています。

この形態展示とは、例えばゾウやチンパンジーなど動物たちを棚の中に入れてその外が人間が見るとう形です。
そして、時間がきたら小屋に戻すんです。
この形態展示というものは動物たちの姿を見ることが主目的になっています。

では、行動展示とは動物の姿を見ることが前提ではなく、動物たちの生活や行動を観察することを前提としている展示なのです。
旭山動物園でも人気のペンギンのプールの中の水中トンネルが有名ですが、ペンギンたちがそのトンネルの中を泳ぐ姿が見られる、こういった行動を観察するということです。

普段動物たちがどういう生活をしているのかが伺え知れるのが行動展示なんですね。

今、旭山動物園では『混合展示』なるもに取り組んでいるようですが、なかなか難しいようで今は実験中とのことです。


将来が楽しみですね